HISTORY


18世紀、日本で江戸時代の太平が続いている頃、ヨーロッパでは時計職人達によって動く芸術品が創り出されます。それがオートマタの歴史の幕開けでした。
〜18世紀 19世紀 20世紀
ゼンマイの発明 1400
ピエール・ジャケ・ドロー
(1721〜1790)

スイス出身。息子、アンリ・ルイとともに精巧なオートマタを数多く製作した。機械システムの殆どは彼によって考案された。1750年、シンギングバードのシステムを発表。1775年パリに赴き、ルイ16世、マリー・アントワネットに絶賛される。代表作に「ハープシコード奏者」「手紙を書く子供」などがある。


「滝のある鳥篭」ジャケ・ドロー
レオナルド・ダ・ヴィンチ円錐滑車を設計 1490
徳川幕府開幕 1603
ルイ14世即位 1643
元禄時代始まる 1688
バーカンソン「アヒル」を製作 1738
ロココ様式花開く 1768
ルイ16世、マリー・アントワネットと結婚 1770
ピエール・ジャケ・ドロー「筆写人形」を製作 1773
平賀源内、エレキテルを製作 1776
1780 ジャケ・ドロー「滝のある鳥篭」を製作
フランス革命勃発 1789
歌麿、写楽らの浮世絵全盛 1795
アントワーヌ・ファーブル、オルゴールを発明 1796
伊能忠敬、全国の測量を始める 1800
〜18世紀 19世紀 20世紀



I HOME I WHAT'S NEW I INFORMATION I LIBRARY I FLOOR GUIDE I HISTORY I ACCESS MAP I



野坂オートマタ美術館

Copyright 2000 Nosaka Automata Museum. All rights reserved.
this site is best viewed with IE 4.0, netscape 4.0 or later.