HISTORY


オートマタは時代のファッションや世相を映し出し、貴族達の自慢の逸品として19世紀のヨーロッパで全盛期を迎えます。
〜18世紀 19世紀 20世紀
ナポレオン、フランス皇帝となる 1804
ギュスターブ・ヴィシー
(1839〜1904)

時計屋の息子としてパリで生まれ、1865年、オートマタの製作をはじめる。1878年のパリ万博を始め、各地の万博で大成功を収め、作品はヨーロッパはもとよりアジア、アメリカに輸出された。広い視野を持ち、技術革新にも積極的で、商業用の電動オートマタの普及につとめる。代表作は「梯子乗り」「手紙を書くピエロ」「鳥の調教師」などである。


「ジャポネ」ギュスターブ・ヴィシー
スティーブンソン、蒸気機関車を発明 1814
パリにガス灯がともった 1817
異国船打払令を発布 1825
テルード、パリで人形製作を開始 1831
パリでコレラ大流行 1832
パリで「2月革命」勃発 1848
ロンドンで第1回万国博覧会開催 1851
ルイ・ナポレオン大統領、皇帝に 1852
ペリー、浦賀に来航 1853
パリで第2回万国博覧会開催 1855
ギュスターブ・ヴィシーがオートマタの製作を開始 1865
明治維新 1867
テルード、オートマタをパリ博へ出品 1867
パリにオペラ座が完成 1875
1885 ギュスターブ・ヴィシー「ジャポネ」を製作
1890 エルネスト・ドゥカン「魅惑のへび使い」を製作

「魅惑のへび使い」エルネスト・ドゥカン


ポンタン、オートマタをシカゴ博で展示 1893
アテネで近代オリンピック開催 1896
ヴィシー社のオートマタ、パリ博で受賞 1900
電動オートマタの製作始まる 1900
1900 JAF:ジェイ・エイ・エフ
「ジェシカおばさんのティータイム」を製作
〜18世紀 19世紀 20世紀
「ジェシカおばさんのティータイム」JAF:ジェイ・エイ・エフ





I HOME I WHAT'S NEW I INFORMATION I LIBRARY I FLOOR GUIDE I HISTORY I ACCESS MAP I



野坂オートマタ美術館

Copyright 2000 Nosaka Automata Museum. All rights reserved.
this site is best viewed with IE 4.0, netscape 4.0 or later.